Paidy(ペイディ)を即日現金化する方法は?現金化の特徴や注意点を解説

ペイディ現金化

急な出費によってすぐにお金が必要だけど、通帳を見ても現金がまったくない・・・なんてことが生活の中であるのではないでしょうか?

ペイディはスマホアプリから登録するだけで利用できる後払いのショッピング決済サービスであり、現金化に対応した業者に依頼することで即日現金化ができます。

またペイディには手数料無料の分割払いという支払い方もあるため、用途にあった活用が可能です。

本記事では、ペイディを即日現金化する方法や特徴、注意点を解説します。

Paidy(ペイディ)には3種類の後払い方法がある

Paidy(ペイディ)には3種類の後払い方法がある

まずは現金化前の基本情報として、ペイディで利用できる3種類の後払い方法について紹介します。

  • あと払いペイディ【本人確認前】
  • ペイディカード【本人確認後】
  • ペイディあと払いプランApple専用

上記3種類について簡単にご紹介していきます。

あと払いペイディ【本人確認前】

ペイディは本人確認前の段階ではカード番号が発行されていないため、それに対応したショッピングサイトのみで利用が可能です。

主なショッピングサイトはAmazonやラクマ、Qoo10、ビックカメラ.comなどです。

なお本人確認前の場合、専門の現金化業者を使った現金化はできないため注意が必要です。

ペイディカード【本人確認後】

ペイディカードとは、ペイディアプリ上で本人確認をすると発行されるバーチャルカードのことです。

バーチャルカードの発行は無料で最短5分ででき、さらに別途リアルカードを発行すれば店舗でも使えるようになります。

ペイディカードはVisaマークのある店舗でクレジットカードとしての活用も可能です。

ペイディカードの詳細・発行は【ペイディ公式サイト】よりできます。

ペイディあと払いプランApple専用

ペイディあと払いプランApple専用とは、ペイディアプリ上で申し込み可能なApple製品専用(iPhoneなど)のショッピング枠プランです。

登録すればAppleのサイトやApple Storeで何度も利用でき、さらに通常のペイディショッピング枠とは別に設定されます。

申請は簡単で、通常のペイディと同様に最短5分で完了します。

また、購入する製品によっては最大36回まで分割手数料無料で利用ができます。

詳しくは「ペイディあと払いプランApple専用」も参考にしてみてください。

あと払いPayPay(ペイディ)を現金化する方法

あと払いペイディを現金化する方法

ペイディはペイディプラスにするとカード番号が発行されるので、そのカード番号を利用して現金化を行います。

まずはペイディアプリをDLし、本人確認をすませてペイディカードを発行しましょう!

ペイディDL・カード発行は→ペイディカード公式サイト

ペイディのショッピング枠を換金できる現金化業者を利用すれば、最短5分程度で現金化が可能です。

対応業者は多くはありませんが、クレジットカードやペイディなどの後払いアプリの利用枠を現金化するおすすめ業者として「すぐマネ」があります。

すぐマネでペイディを現金化する流れは下記の通りです。

  1. すぐマネ公式サイトから申し込み
  2. 本人確認書類の提出(WEB)
  3. Paidyカードを決済してくれる
  4. 指定口座に入金

すぐマネは換金率が一律80%で、換金率以外に発生する消費税や手数料などの諸経費が完全無料なので余計な費用をかけずに現金化ができます。

例えば1万円を利用する場合は8,000円に換金されるため、金額もわかりやすく安心して利用できるでしょう。

また24時間365日年中無休で営業しており、名前にあるとおり「すぐにマネーを作れるお店」なのでいつでも気軽に申し込めます。

特定商取引法に則って営業している店舗でもあるため、取引の強要などはありませんし、納得いかなければ途中でキャンセルすることも可能です。(入金前の場合)

ペイディあと払いプランApple専用を現金化する方法

ペイディあと払いプランApple専用を現金化する方法

ペイディでは通常の利用可能額の他、Apple商品専用の利用枠がありましたね。

こちらはApple製品の利用に限られているので現金化対応業者は少ないのですが、「カウール」という現金化業者が対応していました。

カウール

カウールでペイディあと払いプランApple専用を現金化する手順は下記の通りです。

  1. カウール公式サイトから申し込み
  2. 送られてきた買取リストからペイディあと払いプランApple専用決済で商品購入
  3. カウールに商品出荷・到着後入金

手順はこれだけでとても簡単なので、ペイディのApple商品専用の利用枠を活用した現金化はカウールを活用すると良いでしょう。

Paidy(ペイディ)を使った現金化の特徴

Paidy(ペイディ)を使った現金化の特徴

次に、ペイディを使った現金化の特徴を3つ紹介します。

  • 高額な資金調達に役立つ
  • 最短即日でお金が手に入る
  • 自分の用途にあわせて使える

ペイディを選んで現金化するメリットともいえる3つのポイントを詳しく解説していきます。

高額な資金調達に役立つ

ペイディは利用可能額に決まりがありませんが、通常の利用枠とペイディApple専用の2つの利用枠があるため、他の後払いアプリよりも高額な資金調達を行いたい場合に活用ができるでしょう。

口コミでは25万円~50万円の利用枠が出たという方も多く見つかりました。

利用履歴などによって限度額は変わってきますが、もし最初に少額しか使えなくても使い続けていれば上がる可能性が高いですし、通常の枠とApple専用枠は別なので他のアプリよりは高額利用が望めます。

最短即日でお金が手に入る

ペイディを活用して「すぐマネ」などの現金化業者に依頼すれば、最短即日で自身の銀行口座に入金されます。

急ぎでお金が必要なときに、クレジットカードや携帯キャリア決済がなくても現金化に使えるので便利ですよね。

業者によっては即日対応はしていない場合もあるので、必ず即日対応している現金化業者を利用しましょう。

自分の用途にあわせて使える

ペイディは通常の利用可能額とApple専用の利用枠があるため、自分の用途にあわせた金額を選んだりといった使い方が可能です。

また決済金額は手数料無料で分割払いができ、Apple専用枠ならば最大36回払いが選択できます。

翌月に一括で支払うことが難しければ、分割の後払いサービスを利用すれば支払額を減らせます。

ペイディは自分の用途にあわせて活用すると良いでしょう。

Paidy(ペイディ)を現金化するときの注意点

Paidy(ペイディ)を現金化するときの注意点

ペイディの現金化の注意点として2つ紹介します。

  • 審査に落ちることもある
  • 本人確認前はほぼ現金化できない

利用前に確認しておくべきポイントです。

審査に落ちることもある

ペイディの後払いは利用状況や支払い状況によっては決済が承認されないことがあります。

ペイディの加入時に審査はありませんが、決済時に与信審査を行っているためです。

審査基準はクレジットカード会社と同様に詳細が明かにされていないため、審査に落ちれば従うしかありません。

ペイディの審査に落ちて利用ができなかった場合は、別の後払い現金化方法を試してみるのも手です。

本人確認前はほぼ現金化できない

本人確認前(ペイディカード発行前)は現金化が難しいです。

ペイディは本人確認前の利用だと使える店舗が限られてしまうためです。

本人確認前は専門の現金化業者が使えないため、換金性の高い商品券やギフト券などの金券を購入し、売却して現金化するしかありません。

しかし、換金性の高いギフト券を自力で購入し現金化しようとすると現金化目的だと疑われるリスクがあり、ペナルティの対象になってしまう可能性もあります。

現金化する際は本人確認を行った上で、専門の現金化業者に依頼することが一番の安全策です。

Paidy(ペイディ)の現金化は適した業者に依頼すべき

Paidy(ペイディ)の現金化は適した業者に依頼すべき

ペイディのショッピング枠を利用して専門の現金化業者に依頼すれば即日で現金化が可能です。

またペイディの利用は、手数料無料の分割という支払い方法があり、無理なく自身のペースで支払い計画も立てられます。

後払いで現金化をお考えの方にはペイディがおすすめです!

そして、ペイディを現金化する業者は「すぐマネ」が早くて高換金率なので活用してみてくださいね。

すぐマネは換金率が一律80%であり、余分な手数料などは完全無料なのでペイディを無駄なく現金化できます。

また、スマホやPCからいつでも手軽に利用できるため、急な出費などに即日で対応できるおすすめの現金化業者です!

さっそくペイディと「すぐマネ」を使って資金調達にチャレンジしてみてください!

Paidy(ペイディ)以外の現金化可能な後払いアプリ一覧

Paidy(ペイディ)以外の現金化可能な後払いアプリ一覧

こちらではペイディ以外の後払い現金化方法をご紹介します。

様々な方法がありますので、興味のある現金化方法の詳細をチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です